系統分類学研究分野

 進化・遺伝学研究分野

 生態学研究分野

 植物生理学研究分野

 動物生理学研究分野

 発生生物学研究分野

 環境生理学研究分野

 

研究紹介パンフレット

 

 

 

ヤマトアザミテントウ(左),
ミドリカメノコハムシ(右上),
セモンジンガサハムシ(右下)

野外や室内における研究風景

植食性昆虫の多様性創出機構の解明

 進化生態学 准教授 藤山 直之

 

  植食性昆虫(=生きた植物を餌とする昆虫)は種数にして全生物の約1/4を占めると され、他の食性を示す昆虫と比較して多様化が著しいグループであることがわかっています。 植食性昆虫の多様化を促進してきた要因を解明することは、現在の地球上に見られる生物多 様性を創出してきたメカニズムの大部分を理解することに他なりません。

  植食性昆虫の大部分は、特定の科や属といった決まった範囲の植物を利用するという高 度な寄主特異性を示します。このことから、植食性昆虫の多様化の過程では寄主植物の変換 を伴う昆虫集団の分岐が大きな役割を果たしてきたと考えられています。つまり、植食性昆 虫の多様化は、ある時点では特定の寄主植物しか利用しない一方で、進化的な時間スケール の中では寄主の変換を伴った異なる植物への放散が繰り返し生じてきたという、やや矛盾し て聞こえるプロセスを通じて促進されてきたと捉えることができます。

  当研究室では「寄主特異性の進化的変化を伴った植食性昆虫の多様化プロセス」の解明 を最終的な目標として見据えながら、主にテントウムシ科とハムシ科に属する植食性の甲虫 類を対象として、種間にみられる生殖隔離の様相、繁殖干渉の有無とその規模、種あるいは 集団間の分化の程度と寄主特異性との関係について、野外調査・行動観察・飼育実験などを 組み合わせた多角的なアプローチで研究を進めています。

 

 →研究室のホームページ