山形大学理学部理学科

比較形態・生化学研究室

 

〒990-8560

山形県山形市 小白川町 1-4-12

back1

 

筋細胞を最初に獲得した動物は?

  筋肉は「動物」の運動をつかさどる代表的な組織であり、とても複雑かつ精密な構造をもっています。では、最初に筋細胞を獲得した生物は何でしょう?
  形態学的にみて、進化の過程でもっとも早い段階で筋細胞による運動性を獲得したと考えられるのは刺胞動物(ヒドラ、イソギンチャク、クラゲなど)ですが、厳密に言うと刺胞動物の筋肉組織は表皮の機能を兼ね備える「表皮筋細胞」とよばれる特殊な組織です。 近年の分子遺伝学的解析により、刺胞動物は左右相称動物とは独立に横紋筋組織を獲得したという説が提唱されていますが(Steinmetzら, 2012)、この点についてはまだ不明な点もあり、より詳細な検討が必要です。

 

原始的な筋細胞をもつクラゲとプラナリア

  クラゲ類は原始的な筋肉を考える際とても興味深い生物ですが、クラゲ類を研究のため大量にかつ安定して維持することは、研究室内では困難な作業です。 この点について私たちは、クラゲ類の飼育で世界的な業績を挙げている山形県鶴岡市立加茂水族館の全面的なご協力をいただき、共同研究としてクラゲ類の原始的筋細胞の構造と機能について研究を続けています。

  プラナリアは失った頭部さえも再生してしまうその高い再生能力が注目され、古くから数多くの研究が行われています。 プラナリアの筋細胞は紡錘形で横紋をもたず、脊椎動物の平滑筋に似た形態をとっていますが、電子顕微鏡法による詳細な検討結果から、原始的な「斜紋筋」とする説もあります。 私たちはこの原始的筋細胞についても、独自の観点から構造解析を進めています。