山形大学理学部理学科

比較形態・生化学研究室

 

〒990-8560

山形県山形市 小白川町 1-4-12

論文(2010年以降)

Tae Sato, Misato Yokoe, Daisuke Endo, Masaya Morita, Fubito Toyama, Yuuki Kawamura, Yuni Nakauchi, Eriko Takayama-Watanabe, Akihiko Watanabe

Sperm motility initiating substance may be insufficient to induce forward motility of Cynops ensicauda sperm

Mol. Reprod. Dev. 84(8) 686-692, doi:10.1002/mrd.22849 (2017)

 

Misato Yokoe, Eriko Takayama-Watanabe, Yoko Saito, Megumi Kutsuzawa, Kosuke Fujita, Haruki Ochi, Yuni Nakauchi, Akihiko Watanabe

A novel cysteine knot protein for enhancing sperm motility that might facilitate the evolution of internal fertilization in amphibians

PLOS ONE doi:10.1371/journal.pone.0160445 (2016)

 

Naoto Hanzawa, Ryo Ono Gotoh, Yuni Nakauchi, Anna Funahashi, Haruka Kanematsu, Maika Miyashita, Yasuha Arai, Kazuya Okuizumi

Collaboration between Yamagata University and Kamo Aquarium – Rapid adaptive evolution of jellyfishes inhabiting marine lakes in Palau

Der Zoologische Garten doi:10.1016/j.zoolgart.2015.09.007 (2015)

 

庄司潔, 内藤紀積, 岡野将之, 佐々木健吾, 中内祐二

山形県の河川における淡水生プラナリアの分布

山形大学紀要(自然科学),18(1) 1-18,(2014)

 

Yuni Nakauchi, Youichi Hayakawa, Masakatsu Fujinoki, Orio Yamamura, Makito Kobayashi, Akihiko Watanabe

Characterization of an alternative chromatin remodeling to parasperm in cottid fish, Hemilepidotus gilberti.

Zoological Science,28(6) 438-443,(2011)

 

Manami Ohta, Hideo Kubo, Yuni Nakauchi, Akihiko Watanabe

Sperm motility-initiating activity in the egg jelly of the externally-fertilizing urodele amphibian,Hynobius lichenatus

Zoological Science,27(11) 875-879,(2010)

 

著書(執筆分担)

・宗原 弘幸, 後藤 晃, 矢部 衛 他著

 カジカ類の多様性 適応と進化
 第6章 カジカ類における異型精子の分化機構と機能

 東海大学出版会 (2011)

 

学会発表(2010年以降)

     the 22nd International Congress of Zoology
      / the 87th meeting of Zoological Society of Japan
     (2016年11月)
     "Ultrastructural analysis of pharyngeal myocytes of fresh
      water planarian, Dugesia ryukyuensis"

     the 22nd International Congress of Zoology
      / the 87th meeting of Zoological Society of Japan
     (2016年11月)
     "Sperm motility-initiating substance that might facilitate
      the evolution of internal fertilization in amphibians"

 (公社)日本動物学会第86回大会(2015年09月)
     ミズクラゲ幼生の変態に伴う上皮筋細胞タイプと分布の変化

 (公社)日本動物学会第86回大会(2015年09月)
     アカハライモリ精子のタンパク質リン酸化パターンの解析

 (公社)日本動物学会第84回大会(2013年09月)
     日本産ミズクラゲ遊泳筋細胞の超微 細構造とCa2+感受性

  (社)日本動物学会第84回大会(2013年09月)
     日本産およびパラオ産ミズクラゲ3 種間における刺胞形態と
     構成タンパク質の比較検討

  (社)日本動物学会第83回大会(2012年09月)
     日本産ミズクラゲ(Aurelia sp.1)の上皮筋細胞の構造と
     収縮制御機構の検討

  (社)日本動物学会第83回大会(2012年09月)
     日本産およびパラオ産ミズクラゲ3種間における刺胞形態の
     比較

     日本発生生物学会第45回合同大会(2012年05月)
     Identification and characterization of the gene encoding
     sperm motility-initiating substance, an oviduct-secreting
     protein significant for internal fertilization of the newt,
     Cynops pyrrhogaste

  (社)日本動物学会第82回大会(2011年09月)

     扁形動物ナミウズムシDugesia japonicaのコネクチン様
     タンパク質

  (社)日本動物学会第82回大会(2011年09月)

     日本産ミズクラゲ(Aurelia sp.1)エフィラ幼生筋細胞の
     超微細構造の検討

  (社)日本動物学会第82回大会(2011年09月)

     SMIS抗原をコードする遺伝子の同定とこれを介して誘起される
     イモリ精子の超活性化

 

卒論・修論タイトル(過去6年)

 卒業論文

 ・菊地星矢(平成28年度)
  「ミズクラゲ(Aurelia sp.1)エフィラ幼生の成長に伴う
   表皮筋組織の再構築」

 ・吉田拓海(平成28年度)
  「リュウキュウナミウズムシ咽頭筋細胞の静止状態における
   形態と微細構造」

 ・太田有香(平成27年度)
  「リュウキュウナミウズムシ単離咽頭筋細胞の3次元微細構造」

 ・池田悠理(平成26年度)
  「有櫛動物Mnemiopsis leidyiのゲノムにおけるコネクチン様
   タンパク質の探索」

 ・児玉悠斗(平成26年度)
  「ミズクラゲ(Aurelia sp.1)幼生の変態過程における各種組織分布
   変移の三次元的解析」

 ・佐々木理衣(平成25年度)
  「イズミオオウズムシ筋細胞の形態と構造の研究」

 ・鈴木貴昭(平成25年度)
  「日本産およびパラオ産ミズクラゲ3種におけるエフィラⅠ期幼生の
   水温変化に伴う運動性変化」

 ・長岡泰浩(平成25年度)
  「イズミオオウズムシ単離咽頭筋細胞の形態とその伸長性の検討」

 ・千葉 一(平成24年度)
  「プラナリア筋細胞におけるコネクチン分子サイズの多様性と
   サルコメア構造との関連」

 ・兼松 悠(平成23年度)
  「日本産およびパラオ産ミズクラゲ3種のエフィラ幼生における
   刺胞形態の比較検討」

 ・佐々木健吾(平成23年度)
  「カズメウズムシの眼点分布パターンの多様性とその形成機序に関する
   考察」

 修士論文

 ・兼松 悠(平成25年度)
  「日本産およびパラオ産ミズクラゲ3種における刺胞の構成とその形態
   の比較」

 ・中村洋輔(平成24年度)
  「ミズクラゲ(Aurelia sp. 1)エフィラ幼生筋細胞の超微細構造と
   収縮制御機構の検討」